Our Love In War Time

音楽、映画、本と、生活について

2018-07-03

だいぶ間が空いてしまったが…今日からまた書きます、なるべく。

 

この日は朝から保育園見学。家から一番近いところに行く。

聞いたところによると保育園選びはとにかく家からの近さを優先しろ(朝の忙しい時間帯と子どもがいろんなものに興味を示す、を組み合わせたら大人にはつらみが生まれるのは想像に難くない)、ということだったがとはいえ教育方針などあまりに合わなかったらさすがに、というところもあるわけで、念のための確認。

認証保育園(「認可」と呼ばれる、自治体が認めた基準には満たない園。基準外となる理由は安全面の場合もあるが、園庭がないとかそういう場合も多い。)なのでちょっと高いが、補助金も出るのでまあそこは現実的なライン。雰囲気も、先生の感じも、教育方針もよさそう。ただ、4-5歳で転園ということなので第二子とか考えると少しネックかなあ、という感じではある(認可園だと、例外もあるが第一子がすでに入園していると第二子も優先して入れる)。まあまだ一園目なので、いろいろ見て決めるのがいいだろう。そもそも入れるかという問題もあるし。

 

見学後、一時帰宅してごはんを食べてからまた出かける。夫婦で心理士さんのカウンセリング。

自分のASDと、妻との関係性について。いろいろと話す。妻も今はある意味正常ではない時期ということ(知らない方は産後クライシスでググってください)、止められない部分もあること、当事者(私のこと)側でできることは、などなど。ひとまず今月から認知行動療法(精神療法の一種、この障害以外にもうつ病パニック障害などでも使われる)をやることになった。あとは、心理士さんは投薬治療には賛成とのこと。この投薬が少しややこしく、ASDには厳密には治療薬はないのだが、ADHD(ASDと併発しやすい)には治療薬がある。ただ、単純に似た症状が出ているのか併発しているかの区別がつきづらい。私の診断名は一応ASDなので、ADHDの傾向もあるけど念のためカウンセリングを踏まえて決めましょう、という話になっていたのであった。今回心理士さんは賛成ということで、あとは次のドクターの診察の際に正式に出してもらえるかが決まる、というところになる。投薬治療だけですべてがよくなるわけではないが、やれることはすべてやりたいので、決まってよかった、と思う。

 

病院を出たあとはアカチャンホンポへ行く。アカチャンホンポ、意外と都内にないのが悲しい。娘の服など買う。

 

帰宅後は最近サボり気味だった料理をする。余り物で作ったけどうまくてよかった。

 

最近、なんというか今あるものを当たり前に思っちゃダメだなあ、ということを考える。

妻、娘、バンド、仕事、いろいろあるけれど、どれも奇跡的なバランスの上に成り立っていて、もちろんその中で優先順位をつける必要があるけれど、努力なしに保てるものなんて何ひとつない、自分が生きていくことさえも。慣れることも必要だけれど、それは鈍感になることとは違う、もっとあらゆるものに対して鋭敏な感覚を持ちたいな、と感じている。

2018-06-26

今日はだいぶきつい1日だった。朝7時から娘がミルク飲ませてもまったく寝ず、5分ごとにぐずる。それでだいたい10時ごろまで続く。

 

今日は妻が外出の日だったので、その状態で17時過ぎまでであった。あまり寝れてないのもあったが、だいぶ疲弊してしまう。文字通り何もできぬ。世のワンオペお母さんたちが育児ノイローゼになる理由がよーくわかった。というかならない人すごいよ。うちの娘は普段はわりとおとなしいというかよく寝るしぐずりも少ない方だからまだいいけど、毎日こんな感じのご家庭もあるわけで、、、 世の男性は、、、みたいな話にはしたくないけど、世の中の仕組みというかデフォルトの働き方を社会全体で変えていく風潮にならないといかんのでは、と思った。

 

そんな感じだったので妻が帰ってきたころにはグロッキーで、夕飯は無念だが出前にした。うまかったのでよし。

 

こういうことがあるから体力つけなきゃなんだけど、筋トレすると体力が減る、というのもあるので夜でなく朝にやることにした。明日から早速。果たして起きれるのだろうか。

2018-06-25

ちょっと早めに起床。夜中のあやしを妻にやらせてしまったので、妻のお母さんがくるまで娘をあやして妻に寝てもらう。

 

妻のお母さんは週1くらいのペースで来てくれて本当にありがたい。ご高齢なのであまり頼りすぎるのは…というのも本音だけれども、娘(孫)に会うのを楽しみにしてくださっているのでいいのかなとも思う。どこかできちんとしたお礼をしないとな。

 

お母さんが帰られた後は靴箱の整理など。上部にデッドスペースがあるので、そこに災害用の非常食を入れたりした。今思ったけど、あそこに使ってない大きめのバッグとかを持ち出し用に置いた方がいいな。

最近は大阪の地震もあったので、災害対策をやりはじめた。といっても非常持ち出し袋を作ったくらいだが。自分たちのぶんと娘のぶんと猫のぶんがあるのでわりと大荷物である。リュックを昔使っていた登山用の30Lのものにしたので、なんとか入りきるくらいではあるのだが。避難となると娘と猫は我々で運ばなければならないので、そうするとリュックと猫を自分、娘を妻という感じだろうか。自分が家にいないタイミングのことはあまり考えたくないが…

 

今日で育休も残り2週間を切った。復帰後は、夜中の授乳はこれまで通り担当して妻に寝てもらう、というつもり。朝7時前には出なければならないのでそれまでだが。体力が続くかが問題である(急ピッチで体力づくりの筋トレをしているが)。夜さっさと寝て睡眠の絶対時間を増やさないとおそらく回らないので、早く帰ってくるしかないな。

 

前向きなことをけっこう書いたけれど、精神的にはそんな前向きでもない。ずっとではないけれど、ふいに悲しくなってしまうタイミングがあって、なんて言えばいいのか、こころが耐えられないときって、ありますよね?

今の時代は正論がとても力を持っていて(当たり前かもしれないけれど)、でも正論だけでは掬いきれないものごとでこの世は作られていて(正論ですべてが回るのならみんなこんなに悩んだり議論したりしないですよね?)、その中で正論ではない側のひと、ある種「正しくない」ひとはいくらでも正論で殴っていいという風潮になっていて、ぜんぜん誰も味方がいないように思える。そう思うのは僕が「正しくない」側の人間だからだと思うけど。

どんなひどいことをしたやつ(簡単にいえば人を殺したり、とか)も、そう言いたい誰かに「でも君もつらかったんだよね」「わかるよ」って言ってもらってもいいと思う。だってそうじゃなきゃ、間違ったひとをぶん殴ってばかりだったら、誰もそのひとのことをわかってくれなかったら、この世に出口なんて、救いなんてなくなってしまうじゃないですか。

なんだかよくわからない話になってしまったけど、僕は正論ばかり話して勝った気になっている人間にはできるだけなりたくない(いや、ならなければならないときだってもちろんあるけれど)、こころのつらさを抱えている、「正しくない」ひとの側に、時には立ちたいな、と思う。「時には」っていうのがまた、とても難しいことだと思うけど。

 

そんなことを、この詩を読みながら思いました。

裸足で氷の上を歩くようにしかコミュニケーションを取れない僕
裸足で氷の上を歩くようにしか人を愛せない僕
なぜだろう
皆はすらすらっとプロスケーターのように滑るのに
僕はすってんころりん
上手に滑っていく人もいるし
エヘヘと笑ってく人もいる
嘘ついて嘘ついて
嘘ついて嘘ついて
嘘ついて嘘ついて
裏切って逃げて
これは本当の僕じゃない
僕は寂しがり屋だ
僕は生まれてよかったのだろうか
何を着ても
何を履いても気持ちが悪い
時代とうまくやっていけない
友達とうまくやっていけない
というか友達がいない
生きていていいのだろうか
今まで人に本当のことを話したことがない
本当の僕は君と川を泳ぎたい
真夜中に泳ぎたい
裸で泳ぎたい

 

岡村靖幸樹氷

 

 

2018-06-24

母が来るが、昨日のこともありあまり相手をできず。

娘に会いにきたので私が相手をしなくてもいいのかもしれないが。

 

昨日の喧嘩について、LINEで妻とやりとり。

文章の方が冷静になれるのと、きちんと文面が残るから後で参照できるのがよい。

(言った、言わないの話になるとより面倒なので)

昨日の診察と薬について改めて説明。あとは、カウンセリングの意味合いなど。

カウンセリングについてはだいぶ懐疑的だったが、自分も曖昧な部分があるので次の診察のときにさらに詳しく聞ければと思う。

 

そろそろ新曲を書かなければ。書かなければ、というのはバンドのために書くのではなくて、自分自身が精神的に書かないといけない必要にかられている、ということ。曲を書くことがひとつのセラピーになっているのかもしれない。

the longvacationsももうすぐ約4ヶ月ぶりのスタジオ。みんなで音を出すのがただただ楽しみである。

2018-06-23

朝起きて選挙に行ったあと、夕方から病院。診察。

 

お久しぶりですの挨拶もそこそこに、現在困っていること、(おそらく)こうではないかという自分の推測とを伝えていくかたちで進めている。今日は、今困っていることが衝動性・不注意に起因することからADHD(注意欠陥多動性障害)の併発なのでは?ということと(ASDとの併発は割と多い)、仮に併発しているのであればADHD傾向の部分だけでも薬物治療ができないか(ADHDには治療薬がある。ASDは現在のところ治療薬はない)、ということを主に話す。

最終的な判断はカウンセリングを踏まえて、ということにはなったがひとまず衝動性だけでも、ということで頓服の安定剤を処方してもらった。こういう薬を飲むのははじめてなので、少し緊張するような、効果が気になって若干わくわくするような不思議な心持ちである。

 

帰宅後、娘のお風呂のときに喧嘩になる。詳細は省くけど、安定剤を飲んで対応したら少なくとも頭の中は冷静でいられたように思う。以前は、もっと混線していて(「lain」とかのケーブルまみれのイメージのような感じ)正常な思考や判断をするのがとても難しかったのだけれど、今日はむしろひとつひとつを冷静にやっている、根っこにある「怒っている」という感情は同じだけど、もっと淡々と怒ることができていた。

とはいえ安定剤は飲んでから効くまでに多少時間がかかるので、プラシーボというか飲んだという事実による自己暗示のような面もあったのかもしれないが、ひとまず効果が出てよかった。

 

今日も早く眠ろう。

2018-06-22

この日は吉祥寺でふたたびベビーマッサージ。はいはいの練習とかもろもろ。発育が早くなるものについてはやってみたいけど、それがIQに関係するか?というとそんなことないと思うんだよな〜(遺伝的要因が大体だと思う)。まあこういう世界もあるというのは興味深かった。

 

その後ゲーセンへ。「自分ツッコミくま」のぬいぐるみがほしくて数年かぶりにUFOキャッチャーをやる。とはいってもほとんど妻がやってくれたのだが… 14回目くらいでようやくとれた。でもちゃんととれるもんですね。

関係ないけどパラダイス・ガラージの「UFOキャッチャー」は名曲。いつかソロでカバーしてみたい。

 

そのあとはスタバ行ったり(棒ほうじ茶ラテちょううまい)、急遽授乳したりだったが楽しい一日だった。育休終わってもちゃんと3人で出かけたいな。

 

帰宅後は、夕飯(またグリルチキン)食べて筋トレ、病院用の資料作成などして早めに寝た。この日はさっさと寝れてよかった。

2018-06-21

起きて昼からグリーンカレー。かなりひさしぶりに食べたけど、夏に食べるタイ料理はサイコーですね。ここにシンハーの一本でもあれば本当に最高なのだが、同時に色々と終了してしまうのでおあずけ。

 

午後は妻がリフレッシュに出かけたので娘とふたりで留守番。また動画見せたりギター弾いて聞かせたり。ギタレレほしいなー。

夜はグリルチキンを食す。その後筋トレ。この日はまだ筋肉痛来ず。

 

その後寝るはずだったのだが、なぜか5時くらいまで寝れず… 早朝の授乳を妻にやってもらう大失態であった。さっさと寝るのは大事ですね、ほんと、当たり前だけど。寝てるのは死んでるのと同じだけど、必要な死というのもあるのだと思う。