Our Love In War Time

音楽、映画、本と、生活について

2018-06-23

朝起きて選挙に行ったあと、夕方から病院。診察。

 

お久しぶりですの挨拶もそこそこに、現在困っていること、(おそらく)こうではないかという自分の推測とを伝えていくかたちで進めている。今日は、今困っていることが衝動性・不注意に起因することからADHD(注意欠陥多動性障害)の併発なのでは?ということと(ASDとの併発は割と多い)、仮に併発しているのであればADHD傾向の部分だけでも薬物治療ができないか(ADHDには治療薬がある。ASDは現在のところ治療薬はない)、ということを主に話す。

最終的な判断はカウンセリングを踏まえて、ということにはなったがひとまず衝動性だけでも、ということで頓服の安定剤を処方してもらった。こういう薬を飲むのははじめてなので、少し緊張するような、効果が気になって若干わくわくするような不思議な心持ちである。

 

帰宅後、娘のお風呂のときに喧嘩になる。詳細は省くけど、安定剤を飲んで対応したら少なくとも頭の中は冷静でいられたように思う。以前は、もっと混線していて(「lain」とかのケーブルまみれのイメージのような感じ)正常な思考や判断をするのがとても難しかったのだけれど、今日はむしろひとつひとつを冷静にやっている、根っこにある「怒っている」という感情は同じだけど、もっと淡々と怒ることができていた。

とはいえ安定剤は飲んでから効くまでに多少時間がかかるので、プラシーボというか飲んだという事実による自己暗示のような面もあったのかもしれないが、ひとまず効果が出てよかった。

 

今日も早く眠ろう。